自宅トレーニングで加圧シャツを着てさらに筋トレで負荷をかける方法とは?

加圧くんが筋トレをする際の方法を紹介します。

加圧くんは、自宅での筋トレが中心となるので、自宅トレーニングをしている方向けの筋トレ方法になってしまうと思いますが、ジム通いの方もご参考にして頂けますと幸いです。

1-1.加圧シャツを着てのアブローラとプランク

加圧シャツを着ての復、腹筋運動はかなり最適です。腹筋の負荷って自宅でやるにはトレーニング器具がないのとさらなる負荷はかけにくいので、加圧くんの場合にはウェイトの負荷増加はあきらめて、加圧シャツで圧迫して負荷をかけるようにしました。あまり皆さんやらなそうなので、情報ないと思いますがなかなか効きますよ。

1-2.加圧シャツを着てのダンベルとバーベルの利用

加圧シャツを着てダンベルとバーベルをやるのは、自宅トレーニングだと向いてます!ジムだと重量によっては危ないと思うのでやめましょう!
自宅トレーニングのバーベルの重量ってだいたいマックスが35キロくらいまでしか、市販のやつだと上げられないのでそれ以上の負荷が重量ではかける事ができません!

めちゃくちゃ、自宅にジムを作るって目的なバーベルならいいですが、ワンルームマンションや1Kの一人暮らしマンションではさすがに無理があります。

そこで、重量以外の負荷という事っ加圧シャツがもってこいってわけです。

加圧シャツを着てのバーベル、ダンベルのトレーニングをすると、鍛えている箇所の負荷が向上するので、慣れている重量でも筋肉痛になりましたので、結構手軽にいい感じかなと思います。

3.まとめ

いかがでしたでしょうか。自宅トレーニングをする際に加圧シャツを着て更に負荷をかけなければいけない状況だという事が分かったと思います。

加圧くんが考える効率的なジム通いとは、「目的のトレーニングマシーンを明確にし通う」事にあると感がています。

なんとなくジムにいき、なんとなくトレーニングマシーンで筋トレをし、なんとなく筋肉痛になるのはもうやめましょう。

そんな通い方をしてしまうと目的意識が低いので、そのうち月額費用だけを払っている状態で通わなくなり、最終的には解約するという状況になるお思います。

そのような失敗をしない為にも、まずは自宅でできるトレーニングを工夫しながら行い、それを補う為にジムを通うという意識で加圧シャツを着て筋トレをするのはいかがでしょうか。

投稿日:11月 28, 2021 更新日:

執筆者: